音楽理論・楽曲

髙中 誉HOMARE TAKANAKA

幼い頃から音楽が好きで、独学でピアノを学ぶ。難しい曲などにも挑戦していく中で、身体が小さいことで指が届かず弾けない曲が増えるようになり、ピアノを諦めかけていた時に父の持っていたクラシックギターと出会う。

父に教わる中で、ギターを演奏する面白さや、身体が小さくても弾けることに魅力を感じ、ギターにハマっていく。
独学でギターを勉強し続けるうちに、ギターの優先度を自分の中で大きくしていきたいと思うようになり、本格的にギターと向き合うことを決心。
YouTubeでみつけたこーじゅんの演奏に感銘を受け、レッスンを受講。現在に至る。

自分が今までやってきたことが、誰かの役に立てるような、また、身体が小さいことや手が小さいことで、ギターを諦めてしまっている人が興味を持ってもらえるような活動を目指していく。

愛用ギターはTaylor 214ce-Koa DLX。演奏スタイルは指弾きやアルペジオ、弾き語りなどがメイン。弾き語りはポップスを中心に、いろいろな曲を演奏している。

髙中 誉のレッスン70レッスン